蓮佛美沙子から学ぶ肌荒れ知らずのおすすめスキンケア方法

蓮佛美沙子から学ぶ肌荒れ知らずのおすすめスキンケア方法

人気、注目度ともに急上昇中の女優さんといえば蓮佛美沙子さん。

2015年『37.5℃の涙』で民放ドラマ初主演を飾りました。

 

2016年に入ってからも『お義父さんと呼ばせて』に主要キャストとして出演したり、大奥シリーズのスペシャルドラマに出演するなどして活躍中。

今一番勢いのある女優さんですね!

 

蓮佛美沙子の肌が美しい!

そんな蓮佛美沙子さんの魅力といえば透明感のあるその肌。

肌荒れ知らずの好き通るような肌は世の女性の憧れとなっています。

 


蓮佛美沙子さんのような美しい肌になるにはメイクはもちろん、やはりスキンケアで根本から美しくなるのが一番です。

そこで今回は蓮佛美沙子さんのような透明感ある肌になれるスキンケア方法をご紹介します!

肌荒れなど肌トラブルに悩んでいる人は必見ですよ。

 

蓮佛美沙子になれるスキンケア方法

 

蓮佛美沙子さんの肌の最大の特徴は、さきほどからお話しているようになんといっても透明感です。

透き通るような白く美しい肌は思わず触りたくなってしまいますよね。

 

そんな蓮佛美沙子さんのような肌になるためには、日々のスキンケアが欠かせません。

でも、一体どうすれば透明感のある肌を作ることができるのでしょうか?

 

透明感のある肌とは一般的に、

  • 色白
  • 水分をよく含みハリがある
  • 光を良く反射する

このような状態の肌のことを言います。

 

色白な肌を作る

蓮佛美沙子から学ぶ肌荒れ知らずのおすすめスキンケア方法

透明感のある肌を作るためには、まず色白なことは最低条件。

普段から日焼け対策はするようにしましょう。

また、そうはいっても完璧に日差しをブロックするのは中々難しいもの。

どうしてもシミやしわの原因となる日差し(紫外線)を浴びることもあるでしょう。

 

そんなときはビタミンCやビタミンE、ビタミンAなどを含む食べ物やサプリを積極的に摂取して。

シミやしわというのは日焼けをした後に活性酸素が作られることでできるものですから、抗酸化作用のあるこれらの成分を摂ることで予防することが可能です。

 

水分をよく含む肌を作る

また乾燥に負けない水分をよく含みハリのある肌も作りましょう。

そのためにはスキンケアで保湿をしっかりしてあげることはもちろんですが、保湿にも工夫が必要。

 

たとえばお風呂に入って血行を良くすることで水分の入りやすい肌を作ることができます。

また、ローションパックでしっかりと肌に水分を蓄えさせることも有効です。

 

光を良く反射する肌を作る

.

そして光を良く反射する肌を作るということ。

これはここまでお話ししてきたような美白、保湿を心掛けた上でナチュラルなベースメイクをしてあげるとより効果的でしょう。

実際、蓮佛美沙子さんもかなりベースメイクには力を入れているようです。

洗顔や保湿をしっかりした後は、化粧下地やBBクリーム、フェイスパウダーを上手に使い光を反射し輝くような肌を演出してみてください。

 

蓮佛美沙子になれるスキンケアアイテムは?

蓮佛美沙子 スキンケア 白ゆき 石鹸

ところで、蓮佛美沙子さんが出演した映画『白ゆき姫殺人事件』をご存知でしょうか。

この『白ゆき姫殺人事件』で蓮佛美沙子さんが演じる狩野里沙子が勤める化粧品会社・日の出化粧品では、看板商品の石鹸『白ゆき』が大ヒットするのですが…

実はこの『白ゆき』を、ヱスケー石鹸とコラボレーションして実際に再現した商品が登場したんです。

 

蓮佛美沙子 スキンケア方法 石鹸

残念ながら期間限定で生産されていたため現在は販売されていませんが、ヱスケー石鹸は自然派石鹸を製造する会社。

洗顔に最適な石鹸もたくさん販売していますので、蓮佛美沙子さんのような肌になりたければ一度チェックしてみると良いですよ。

 

それ以外にも可能なおすすめのスキンケア方法をご紹介!

さて、ここまで、蓮佛美沙子さんの肌荒れ解消方法をご紹介してきましたが、他にもスキンケアをするうえで効果的な方法というのは存在します。

しかも、ここではすぐに出来る効果的なスキンケア方法についてご紹介します。

 

糖質を避ける

蓮佛美沙子から学ぶ肌荒れ知らずのおすすめスキンケア方法

一つ目は糖質を避けるということです。

糖質制限ダイエットという言葉が流行っていますが、実は糖質の摂りすぎというのはよくありません。

 

砂糖がたっぷりと入ったお菓子やケーキなどなど、多くの女性は甘いものを好んで食べる人が多いですが、実は砂糖のとりすぎはスキンケアを考えた時によくありません。

あまりにもたくさんの砂糖が入ったものを食べることで、身体の血液の血糖値がアップします。

 

血糖値がアップすることで、血管を痛めて炎症を引き起こします。

これが、肌荒れの原因になってしまうのです。

 

しかも、砂糖がたっぷりと入った食べ物をとることによって、冷えを招いて免疫力が低下してしまうことになります。

免疫力が低下すると、一旦荒れてしまった肌を人間本来が持っている自己治癒力がうまく機能せず、肌荒れがいつまでたっても治らないということになりかねません。

 

ですので、砂糖を摂りすぎるのはよくないわけです。

ちなみに、お米やパンに関しても、砂糖がたっぷりと入ったお菓子ほどではないにしても、血糖値を高める原因になります。

なので食べ過ぎないように注意してくださいね。

 

発酵食品を食べる

蓮佛美沙子から学ぶ肌荒れ知らずのおすすめスキンケア方法

続いては発酵食品を食べるということです。

発酵食品と言えば、味噌や納豆など、微生物の働きによって発行させることで、栄養素が格段にアップします。

 

特に日本人の場合、味噌汁というのは良く摂取する食べ物ですが、この味噌汁は非常に健康に効果的なのです。

大豆から作られる味噌というのは、植物性たんぱく質に富み、人には欠かすことが出来ない必須アミノ酸が8種類すべて含まれています。

 

腸内環境を整える働きもあると言われていて、美肌には欠かすことが出来ません。

腸内環境が悪くなると様々な病気を誘発しやすくなりますので、その観点からもおすすめですよ。

 

ミネラルやビタミンを摂取する

ミネラルやビタミンをしっかりと摂取することも非常に重要になってきます。

実は日本人の多くはミネラル・ビタミン欠乏に陥っています。

 

例えば、カルシウムを例にとってみたいと思います。カルシウムと言えば、小魚や牛乳の中に含まれていますよね。

 

しかし、今の日本人の多くは外食に行く機会も多く、家でもカップラーメンなどのジャンクフードを食べているところも少なくないと思います。

その中には食品添加物が入っていて、その中にリンが含まれていることが多々あります。

 

このリンはカルシウムとくっついで、しまう働きがあって、人の身体からカルシウムを奪っていく性質があります。

このことはあまり公にされてはいないのですが、この件は非常に深刻で、結果的に、イライラしたり、骨がもろくなったり、その他、がんなどの生活習慣病の原因になるともいわれています。

 

他にも、野菜などに含まれているビタミンの量も昔と比べると農薬の影響でかなり減っています。

 

ミネラルやビタミンというのは身体の機能を司るともいわれていて、あまりにも欠乏してしまうと様々な疾病を引き起こします。

肌荒れもその一つに含まれるので、注意が必要です。

 

睡眠をしっかりと摂取する

蓮佛美沙子から学ぶ肌荒れ知らずのおすすめスキンケア方法

睡眠も美肌でいるためには必要不可欠です。成長ホルモンやプロラクチンというホルモンが睡眠中に分泌されます。

成長ホルモンというのは細胞の生まれ変わりを促す働きがあります。

そして、プロラクチンというのは、バストの維持や母性本能を司っている女性にはなくてはならないホルモンです。

 

寝不足が続いてしまうと、ホルモンのバランスが崩れてしまって、肌荒れの原因にもなりえます。

また、免疫力も低下してしまいますので、荒れた肌をもとに修復する力さえも落ちてしまうことになります。

 

なので最低でも6時間の睡眠は確保しておきたいものです。

 

ちなみに、睡眠中や休息時に分泌するメラトニンというホルモンがあります。

朝に分泌されるコルチゾールというホルモンと交互に増減。

 

メラトニンは寝る前の1時間~2時間前くらいから分泌が始まって、深夜の2時から3時くらいにピークを迎えます。

このメラトニンが分泌されるためには、ビタミンB12が必要になるのですが、メラトニンがしっかりと分泌されることで、ノンレム睡眠になり成長ホルモンもたっぷりと分泌されて、美肌を目指すことができるわけです。

 

紫外線対策も気をつける

肌のコラーゲン量を少なくして、しわを増やしたり、シミを作る一番の原因は紫外線と言われています。

人が生まれてから今まで受けてきた紫外線量によって、今のコラーゲンの量が決まっていると言っても過言ではありません。

出来たら日光は当たらないように、普段から防止や長袖を着ることによって紫外線対策をしていただきたいのですが、無理な場合には、日焼け止めを正しく使うようにしてください。

 

日焼け止めのみならず、日傘やサングラスも一緒に併用するようにしてくださいね。

赤くなるほど日焼けしたときには、とにかく冷やしていくことが必要になります。

 

なお、日焼け止めをつけることは内設なのですが、塗った後はしっかりと落としていく必要があります。

ウォーターブルータイプのものの場合、普通の石鹸や洗顔フォームでは落とすことが出来ません。

クレンジングオイルや専用のクレンジング剤を使って、落としてその後に普通の洗顔料を使って洗い流すようにしてくださいね。

 

日常のミルクタイプやジェルタイプの場合、水性のクレンジングを使うことで落とすことが出来ますよ。

 

美肌になるための入浴方法にこだわる

最後に入浴方法について紹介しておきます。

お風呂では皮脂を落としすぎることが非常に多いです。そこで、美肌のための入浴方法は以下の5つを守る必要があります。

  • あまりにも熱いお湯で洗うのはよくない
  • 洗いすぎないようにする
  • お風呂から上がった10分以内にスキンケアを行う
  • 長風呂はしない
  • お風呂の後に良質な睡眠をとる

 

乾燥肌という人の場合、洗いすぎたり、熱いお湯につかったりしますよね。

身体を洗うときには、素手を使って石鹸を泡立てて、なでながら洗うこと。これが大切です。

 

なお、ナイロン系のボディタオルの場合は肌の角質を落としすぎてしまうことに繋がるので、乾燥肌の人は要注意です。

 

ちなみに、日本各地には美肌の湯と言われている温泉が多数ありますよね。

今は温泉療法というのがアトピーや皮膚病を治すうえで利用される方も多いみたいなのですが、同じ温泉でも人によって感じ方が違うということもあって、入ってみないと実際には分からない部分も多いです。

 

また、温泉は温度が高く、長く浸かることで、皮脂が落ちます。

アルカリ性泉なら重曹成分やメタケイ酸イオンがおおければ肌にぬるっとした感触もあって、硫黄泉には肌の脂分が流されやすくなり、入浴後に乾燥してしまいます。

 

まとめ

今回は蓮佛美沙子さんから学ぶ、肌荒れ知らずのスキンケア方法についてご紹介しました。

透明感のある肌は全ての女性の理想。

あなたもしっかりとスキンケアをして、蓮佛美沙子さんのような透き通った肌を作りましょう♪