洗顔後に肌がつっぱる方は正しい洗顔をしていない!?乾燥対策で改善!

メルライン 口コミ

毎日行っている洗顔ですが、洗顔した後に「肌がつっぱる」と感じることはありませんか?

「肌がつっぱる」というのは肌が強張った状態のことを言います。

 

これは洗顔でメイクや皮脂を洗い流すことで肌から急激に水分が失われ、肌が潤うために必要な水分が足りなくなった為に起こっている状態です。

この時の肌は外からの刺激にも弱くなっているので、肌が弱い方はヒリヒリ感まで感じることもあるようです。

 

ではなぜ、洗顔後に必要以上に水分が失われてしまうのでしょうか?

その原因を考えてみました。

 

洗顔後に肌がつっぱる原因として考えられることは?

洗顔後に肌がつっぱる原因

間違った洗顔方法で洗っている

洗顔方法が間違っていると、どんな洗顔料を使っても肌が乾燥しやすくなり、強くつっぱりを感じるようになってしまいます。

 

例えば、洗う時に肌を強くゴシゴシ擦ったり、一日に何回も洗顔するといったことですね。

洗顔の時に肌を強く擦ってしまうと、角質が傷つき、潤いを失いやすい状態になります。

また、皮脂のベタつきが気になって1日に何回も洗顔すると、それだけ水分が過剰に流出してしまうため、逆に余計な皮脂が分泌されてしまいます。

 

高い温度のお湯で洗顔している

寒い冬は暖かいお湯で顔を洗いたくなりますが、熱すぎるお湯だと肌に必要な皮脂まで流れてしまい肌のバリア機能を低下させてしまいます。

そうなると、刺激に弱くなってトラブルを起こしやすい状態になったり、肌内部の水分もどんどん蒸発してしまうので、乾燥が酷くなってしまいます。

 

成分が強すぎる洗顔料を使っている

使っている洗顔料の洗浄成分が強すぎる場合、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう場合があります。

必要以上の皮脂が無くなってしまうと肌のバリア機能が低下するため、水分の蒸発も激しく、洗顔後の肌つっぱりの原因となってしまいます。

例えば、ニキビケア専用洗顔やスクラブタイプの洗顔は洗浄成分が強くて、肌への刺激が強いものがあるので注意が必要です。

 

洗顔後のスキンケアが不十分

洗顔後に化粧水や乳液などのスキンケアがしっかりとされていない場合、慢性的な乾燥状態に陥ってしまうことがあります。

そんな状態で洗顔すれば、元々潤いが足りていないのに洗顔後はさらに水分が失われてしまう為、「つっぱり」を感じてしまうのも当然ですね。

普段から洗顔後のスキンケアは、しっかりと行うようにしましょう。

 

洗顔後に肌がつっぱることがないようにするためには?

それでは、洗顔後に肌がつっぱることがないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

その対策法としておすすめの方法を3つご紹介していきます。

 

対策①:強力な洗顔料を使用しない

洗顔後に肌がつっぱる方は正しい洗顔をしていない!?乾燥対策で改善!

まず注目していただきたいのが、洗顔料です。

 

  • ニキビ用の洗顔料
  • 脱脂力が強い洗顔料

 

このような洗顔料を使ったりはしていませんか?

 

もっとも、自分は乾燥する体質であるとか、私は洗顔した後の顔のつっぱりが酷いという人であれば、比較的洗い上がりがマイルドで、洗浄力もそれほど強くない洗顔料を利用しているという人もいらっしゃると思います。

乾燥しているだけとか、気になるのは肌の乾燥だけというようなケースならいいですが、たいていの方は一緒にニキビが出来てしまったり、皮脂も多く分泌されてテカリが目立っているようなケースも少なくありませんよね。

 

顔がとても乾燥して、ピンチな状態にあるにも関わらず、ニキビやテカリを解消するために、洗顔料を使っているという方は少なくないと思います。

ですが、そのニキビやテカリは上手く解消できているでしょうか?

 

恐らく出来ていないと思います。

そもそも肌は乾燥していますので、ニキビ用の洗顔料を使用したとしても、顔のテカリを抑えるための洗顔料を利用したとしても、乾燥肌は悪化の一途をたどりますよね。

さらに、顔にニキビが増えて、顔もテカるという悪循環

 

洗顔料による肌への影響を減らすことで、乾燥肌のみならず、その他の肌のトラブルも解消されていきますから、まずはそこまで脱脂力が強くないマイルドなタイプを活用してみるというのもありかと思います。

 

女性の場合、毎日化粧をされることが多いと思いますが、あまりにも化粧をしていると、それを落とすためのクレンジングが必要になりますので、乾燥肌はなかなか改善しません。

なので、一旦、化粧を一切つけない時間を作ったり、クレンジング剤を使用しないなどの対策も必要になりますよ。

 

対策②:1日に何度も洗わない

洗顔後に肌がつっぱる方は正しい洗顔をしていない!?乾燥対策で改善!

続いては1日に何度も洗わないということです。

対策①と似ていますが、当然、洗顔の回数が増えれば増えるほど、洗顔料を使う頻度が多ければ多いほど、肌への負担も大きくなってしまいますよね。

 

特に、美容に対して意識の高い人であればあるほど、朝も夜も洗顔料を使って、1日に何度も洗顔するという人が多い傾向があります。

顔がテカって、その原因がニキビなのでは?って考えがちなのですが、実は多くの原因は、洗いすぎであったり、乾燥が大きな原因であると言われています。

 

1日朝と夜洗うのは仕方ない面はありますが、ポイントとして、洗顔料の量も関係してきます。

出来るだけ、洗顔料の使用を避けるためにも、使用量に関しては注意してください。

たとえ、1日1回でもたっぷりとつけていると、肌への負荷は計り知れませんので。

 

筆者も今まで朝と夜に1日2回洗うということを徹底して行ってきました。

テレビや雑誌、ネットでも言われていて、朝も洗顔料を使わないと、老化するとか言われていたのですが、実は完全にメディアの思惑。

当然、少しでも使ってもらえると洗顔料を作っているメーカーは儲かりますし、それに関連する広告会社にもお金が入ります。

ですので、あまり、雑誌、テレビなどのマスコミの言うことは信じない方がいいかもしれませんね。

 

出来るだけ肌に負担の少ない洗顔料を選ぶのはもちろんなのですが、利用する回数は絶対に減らしておくべきだと思います。

肌が乾燥してしまうことによって、「つっぱり」だけではなく、肌がザラザラとしてしまうようなことも少なくありません。

ついイライラとしてしまって、ピーリングなどに手を出してしまうと、更に肌を痛めてしまう原因になることもありますので、注意してくださいね。

 

 

対策③:熱いお湯は使用しない

続いては洗顔の温度です。

洗顔をするときに、あまりにも熱いお湯を利用したりしていませんか?

やはり、熱い温度の方がしっかりと洗顔できそうなイメージがありますよね。

 

しかし、熱いお湯を使用して洗顔を行ってしまうと、肌の中にあるセラミドなどの保湿成分が根こそぎ持っていかれることになります。

 

普段は熱めのお湯で洗っているというような場合には、「ぬるま湯」に変えるようにしてください。

冬の場合、温度があまりにも低いと、逆に刺激も増えてしまいますので、少しでもぬるいお湯を利用するようにしてくださいね。

 

この温度に関しては普段からの心がけが大切になってきます。

もしも、今熱いお湯を使って洗顔しているのであれば、少しでもぬるいお湯を使って、洗顔を行うようにしてくださいね。

 

次に、肌のつっぱりを予防する正しい洗顔方法をご紹介していきたいと思います。

 

肌のつっぱりを予防する正しい洗顔方法

朝の洗顔(洗顔料)

それでは、肌のつっぱりを予防する際の正しい洗顔方法について詳しくご紹介します。

 

  1. 洗顔料をよく泡立てるために手を洗い、顔を素洗いする
  2. 洗顔料をしっかり泡立てる
  3. なるべく指が肌に触れないようにTゾーンから優しく洗い始める
  4. 目元や口元は泡を乗せるだけにし、円を描きながら洗う
  5. 洗顔料が肌に残らないようにぬるま湯でしっかりとすすぐ
  6. 清潔なタオルで顔を押さえるように水気を取る
  7. 洗顔後はすぐにスキンケアをする

 

洗顔の際の注意点

脂性肌の人は、Tゾーンなど皮脂の多い部分を入念に洗いがちです。

しかし、皮脂を取り過ぎると肌が乾燥する上、外的刺激から守ろうと角質が厚くなるため、結果、ニキビや毛穴が目立つ様になるため洗い過ぎに気を付けましょう。

 

逆に乾燥肌の人は、もともと皮脂が少ないので、乾燥がひどい時は洗顔料の使用は夜1回のみにし、乾燥がひどくない時は、Tゾーンなど脂っぽい部分を中心に軽く泡をのせる程度に洗いましょう。

夜の間にバリア機能が回復するので、朝、洗顔しすぎてせっかく回復したバリア機能を再度低下させてしまわないように気を付けてくださいね。

 

洗顔後におすすめな乾燥対策

紫色のニキビ跡の治療法

最後に洗顔後におすすめな乾燥対策をご紹介します。

洗顔後の肌は、何もせずに放置してしまうと、どんどん乾燥していきます。

ですので洗顔後は、出来るだけ早く化粧水でうるおいを補給してくださいね。

 

化粧水のつけ方

化粧水をつける時、手のひらを使う方とコットンを使う方と分かれると思いますが、ニキビ肌の方は刺激を最小限に抑えるために、手のひらを使って化粧水を付けた方がいいでしょう。

 

  1. たっぷりの化粧水を手にとり、やさしく押さえるように手のひらで包みこみながら化粧水を肌に浸透させていきます。
  2. 肌がしっとりうるおいを感じるまで全体になじませます。

 

美容液や乳液のつけ方

化粧水で補給した水分を肌にとどめるために蓋をする必要があります。

その蓋の役目が美容液や乳液です。

 

  1. 美容液を適量手にとり、こすったりせずに、やさしく押さえるように顔全体にのばしましょう。
  2. 乾燥している部分には少し多めにつけてみてくださいね。
  3. 美容液がない場合は乳液を少量手にとり、手のひら全体に伸ばしてから顔を優しく抑えるようにつけていきます。
  4. 肌の様子を見ながら、乾燥が酷い部分があれば乳液を重ね付けするようにしましょう。

 

まとめ

ニキビの正しい使い方

冬は特に乾燥しやすい時期なので、乾燥対策は万全にしたいですね。

大人ニキビに乾燥は大敵です。

なぜなら大人ニキビは、乾燥しやすい冬場に悪化しやすいからなんです。

 

肌バリアが破綻する原因は角質層内部の乾燥。

角質層の水分が不足すると、バリア機能が弱まってトラブルの起きやすい敏感肌になってしまいます。

 

そうなると、角質がはがれやすくなって角栓による毛穴詰まりを起こし、詰まった毛穴に皮脂が溜まってニキビが出来やすくなってしまうのです・・・。

乾燥しやすい冬場こそ、乾燥に気を付けて正しい洗顔とスキンケアを行っていきましょう。