ニキビに有効なオロナインパックの口コミ・やり方って?

ニキビ オロナインパック やり方 口コミ

キビに悩み続けて20年!!ニキビ研究員のサトコです。

当サイトをご覧頂きありがとうございます。

 

ちょっとした怪我や傷に塗る軟膏といえば『オロナイン』ではないでしょうか。

昔から一家にひとつはあるなじみ深い薬ですよね。

このオロナイン、もちろん傷薬としても有効なのですが実はニキビにも効果的なんだとか…?

 

しかも最近流行の『オロナインパック』という使い方がすごいそう。

今回はオロナインとニキビの関係やオロナインパックについて情報をお届けしていきます!

 

オロナインとニキビ

さて、それではさっそくオロナインとニキビの関係に迫っていきたいと思いますが、そもそもオロナインってどんな薬か知っていますか?

なんとなく昔から家にあって、とりあえずちょっと怪我をしたら塗る…という使い方をしている人がほとんどだと思いますが、よく考えてみるとどんな効能があるのかわかっていない人も多いのではないでしょうか。

 

オロナインは、殺菌効果に優れたクロルヘキシジングルコン酸塩が配合された皮膚疾患・外傷治療薬です。

公式サイトでも『家庭の皮膚トラブルに』といったキャッチフレーズが使われているように、肌の傷やトラブル全般に有効ということですね。

 

そうなると当然オロナインはニキビにも有効ということになります。

効能にもしっかりと一番最初に「にきび・吹き出物」と書かれています。

CMでもニキビにオロナインを塗るシーンがあったりと、オロナインはニキビ対策がメインの効能のひとつと言えるでしょう。

 

オロナインパックはもっと効果的!?

このように、オロナインはそもそもニキビに効果的な軟膏です。

しかし最近は通常の使い方だけでなく『オロナインパック』という方法が話題になっているんだとか…。

なんでもオロナインパックをすると、ニキビが治ったり毛穴の黒ずみがごっそりと取れると評判なんです。

実際に口コミ調べてみても、

 

このように絶賛の嵐なんです!

ニキビが治るのはもちろん、毛穴の黒ずみまで綺麗になる美肌効果があるならぜひやりたいですよね。

そこでここからは話題のオロナインパックのやり方をご紹介しちゃいます♪

 

オロナインパックのやり方

それではさっそくオロナインパックのやり方をチェックしていきましょう!

やり方と言ってもとっても簡単で、

  1. オロナインを気になる部分に厚めに塗る
  2. 10~15分ほど放置する
  3. 洗い流す

基本はたったこれだけ!

もう少し具体的に説明していきましょう。

 

オロナインを気になる部分に厚めに塗る

まずはニキビや毛穴の黒ずみ部分など、気になる部分に厚め(1mmくらい)に塗っていきます。

擦り込んで透明になるくらいではなく、白くなってまさにパックというくらい厚塗りをしましょう。

 

ちなみにオロナインを塗る前に洗顔する派、しない派がいますがより効果を求めるなら洗顔はしたほうが良いでしょう。

その際は冷水ではなくぬるま湯で毛穴を柔らかくことを意識してください。

洗顔ではなく蒸しタオルなどで温めても大丈夫です。

 

10分~15分ほど放置する

オロナインを塗ったら10分~15分ほど放置しましょう。

待っている間にしっかりとオロナインが皮脂や汚れを吸着したり、ニキビの原因菌へと浸透殺菌してくれるそう。

ただしあまり時間が経ちすぎても良くないのでほどほどに。

 

洗い流す

しばらく時間を置いたら、ぬるま湯でオロナインをしっかりと洗い流しましょう。

オロナインの油分は冷水では綺麗に堕ちないのでぬるま湯で洗い流すのがポイント。

洗い流したら今度は洗顔料などを使ってしっかり洗顔してください。

 

洗顔が終わったら化粧水や美容液でケアをしつつ、冷水や冷やしたタオルで毛穴を引き締めるのもポイント。

そのままでは毛穴が開きっぱなしになりニキビの原因となる汚れや皮脂が再び詰まってしまい黒ずみも復活してしまいます。

 

オロナインパックの基本的なやり方は以上になります。

他にもラップで蓋をしたりお風呂で入浴して温めつつやるとより効果的との声も。

また、オロナインパックの後に毛穴パックを使うと劇的に毛穴の汚れが取れるとの意見もありますが、ニキビがある部分にやるのは危険です。

あまり刺激しすぎるのも良くないので、ニキビの治療目的でやるのであれば毛穴パックはしないほうが無難でしょう。

 

オロナインパックには危険視する声もある!?

ということで、オロナインパックをすると、ニキビが治ったり毛穴の黒ずみがごっそりと取れると評判と説明してきましたが、実はこれ危険だから絶対に騙されないで欲しいという意見もあります。

 

10代や20代前半の女子に人気はあるオロナインパック。

しかし、このオロナインパック、角栓がとれるどころか、とんでもないことになると言われています。

 

オロナインH軟膏を鼻全体にたっぷりと塗って10分ほど。

そして、ぬるま湯で洗い流してから、市販の鼻パックをして、所定の時間が経過してから剥がし、最後に冷水で引き締めというのがオロナインパック。

 

市販の鼻パックよりもオロナインを塗ってから放置してからする方が角栓がとれてしまうということで一部の女性たちの間で話題になっていました。

他にも、鼻にティッシュを入れた方がいいとか、鼻パックでなくても、ラップを使えばいいなど、方法もめちゃくちゃです。

 

 

美容のエスティシャンに直接聞いてみた

私の友人に美容のエスティシャンをしている人がいるので、その彼女に会ってオロナインパックについて詳しく聞いてきました。

 

すると、彼女から一言。

 

「バカやん。めっちゃ危険すぎるw」

 

そもそも黒ずみの原因を考えて、対策を考えないと、またぶりかえしてしまうし、オロナインを塗っても、肝腎な体の中の体質が変わらないから意味ないよとのこと。

所詮は、その場しのぎの対症療法でしかないと説明していました。

 

そもそも毛穴の黒ずみの原因って?

そもそも毛穴の黒ずみの原因って何なのか考えていきましょう。

黒ずみができてしまう原因というのは、開いてしまった毛穴の中に過剰に分泌された皮脂と古い角質がぎっしりと詰まってしまい出来るのが角栓です。

酸化して出来たものが黒ずみなのです。

 

要するに、黒ずみが出来てしまう原因というのは毛穴の開き過剰に分泌される皮脂ということになります。

それでは、どうして毛穴は開いてしまうのでしょうか?

 

毛穴が開いた状態になる理由は?

それでは、どうして毛穴は開いた状態になってしまうのでしょうか?

その理由はずばり、肌が乾燥してしまうことにあります。

 

肌が乾燥してしまうと、堅くなってしまいます。

弾力もなくなって、毛穴が開いた状態になってしまうのです。

 

そんな乾燥を防ぐために皮脂を分泌させるのは自然の動き。

少しでも皮脂を使って肌に膜を作って、水分の蒸発を防ごうとします。

 

乾燥が原因になって毛穴が開くことで皮脂が過剰に分泌され、その開いた状態の毛穴の中に皮脂が溜まることで、黒ずみに繋がってしまうのです。

ちなみに、このオロナインパックなのですが、乾燥肌を助長してしまうからあまりおすすめできません。

詳しくは次の章で紹介しますね。

 

オロナインパックはひどい乾燥肌を引き起こして黒ずみを加速!

 

黒ずみの原因である肌の乾燥が起きるのは、間違った毛穴ケアが理由です。

間違った毛穴ケアというのは肌の水分を保つのに必要な成分も一緒に全部取り除いてしまうことです。

 

具体的にはあまりにも時間をかけて行う洗顔やクレンジング材を使ってのマッサージがこれに該当します。

このように間違った方法で毛穴ケアをしていると、逆にひどい乾燥肌を招く原因になります。

 

黒ずみを作らないためには、肌を保湿する必要があります。

乾燥肌ということは、当然、その分皮脂が分泌されることになりますよね。

 

そして、その乾燥をより促進してしまうのがこのオロナインパックなのです。

オロナインパックを利用すると、毛穴の汚れをとるときに、肌の薄皮を取り除くくらい強力なのです。

この薄皮というのは肌の水分を抱える機能をもっています。ということもあって、かなり重要なのです。

 

乾燥云々の前に肌が水分を蓄えることも出来なくなりますので、皮脂の過剰分泌がとまらなくなってしまうのです。

 

もちろん、短期的に見た場合、オロナインパックというのは黒ずみがなぜか消えてしまいます。

これをみて黒ずみに効果がある!って感じてしまうのも仕方が無いように思います。

 

しかし、薄皮まではがれてしまうことになって、いくら保湿をしても肌は乾燥をしたままの状態になります。

このような状態ではどんなに化粧水や乳液を保湿しても肌が水分を蓄える場所が壊れてしまっているので保湿が出来なくなるのです。

 

また、開きっぱなし状態の毛穴に過剰に分泌された皮脂が詰まってしまって、新しい黒ずみが完成します。

毛穴も大きいので、逆に黒ずみが大きくなってしまうのです。

 

ということで、オロナインパック、前半ではいいよねって評価をしていますが、実際の裏にはいろいろあると言えそうです。

個人的にはおすすめしません。

 

そもそもどうしてここまでオロナインパックに関して間違った情報が流布することになったのでしょうか?

 

オロナインパックが効果的と騙されてしまう原因って?

そもそもどうしてオロナインパックに騙されてしまう人たちがこんなにいたのか?

理由としては大きく2つあるのではないかと考えています。

 

オロナイン=体に良いという誤解

オロナインH軟膏は、ニキビややけど、しもやけ、傷などに効果があると言われている医薬品です。

このようなこともあって、肌の悩みはすべて解決してくれるというイメージを持たれている人たちも少なくないと思います。

 

もともと、誰がオロナインパックを考えたのかはわかりません。

恐らく、始めた時には、そのような万能薬だから安全だろうと軽い気持ちで行ったように思います。

 

これがオロナインということもあって、肌に優しいですし、特に問題もないので安心して行ってくださいと。

初めに肯定的な人たちも口コミを紹介しましたが、そこまで深くオロナインパックを利用することで何が起きるのかを知っている人たちというのは少ないのでしょう。

 

とはいえ、オロナインH軟膏は医薬品。

決められた方法で使用してはいけないものですので、正直かなり危険でしょう。

 

ネットの拡散力

先ほどはツイッターの投稿をご紹介させていただきましたが、リツイートされているものもありましたよね。

このようにSNSというのは拡散力が爆発的です。

 

本サイトのほかにオロナインパックを肯定している記事もありましたが、それがFacebookやツイッターで拡散されることもあります。

画像付きでこんなに角栓取れたってつぶやけば、当然「いいね」や「リツイート」されますので、そんな方法あるんだと知った人たちが安易に流行らせてしまうということですよね。

 

特にDeN〇株式会社などが行っていたキュレーションサイトやLIN〇株式会社の作成しているNaverまとめでは、サイトの記事を無断でコピペして貼り付けたりして、良い情報・悪い情報を無差別に垂れ流していきますし。

 

ネットの拡散力もあって、一気にこの方法が広まることになってしまったのです。

特にネットで検索する人の中には疑いの目を持たず、すぐになんでも正しいと思ってしまう人たちもいますからね。

 

特に、10代から20代の女子というのはなんでも真実であると信じ込みやすいということもあります。

○○ちゃんがやっているから、私もするという科学的に安全性が保障されていないにも関わらず手を出す習性があります。

 

もちろん、そうではない人たちもいるでしょうが、それでも、簡単に情報の真偽を判断せずに受け止めてしまいがちです。

 

以上のような理由から、嘘の情報が広まってしまったのです。

 

黒ずみ対策は保湿しかない!

それでは、どのような対策が出来るの?ということですが、基本的には保湿で対策するか、あるいは、黒ずみの原因になりうることを辞めることが大切です。

黒ずみを何とかしたいという方におすすめなのは、基本は保湿が重要になってきます。

 

もともと、乾燥するために少しでも体の潤いを保つために皮脂が分泌されるわけですよね。

ならば、身体が乾燥しないように、常に保湿を心がけることをおすすめします。

 

加湿器を買ってみたり、こまめに水分やミネラルなどの栄養をとるなどの方法が必要になってきます。

保湿をする体の組織の細胞に活力を与えるためにはビタミンやミネラルなどの栄養が不可欠ですので、普段の食生活も変えてみるようにしてください。

 

糖質の摂取があまりにも多かったりすると、血液を濁し炎症を起こして肌荒れの原因になることもあります。肌荒れの時には、その部分が乾燥しやすくなり症状も悪化しやすくなります。

普段の食事の中で糖質を制限したりしてみてくださいね。

 

徹底的に保湿すると、黒ずみは自然に取れていくそうですよ。

 

まとめ

今回はオロナインのニキビの効能やオロナインパックについてお届けしました。

オロナインは元々ニキビ対策にも有効な薬です。

 

とはいえ、オロナインパックに関しては要注意。

そもそも医薬的に認められた使用方法ではありませんので、オロナインパックは絶対に行わないようにしてくださいね。

パックをするとより効果的とのことですが、こちらはオロナインの正式な使い方ではないので注意が必要です。

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

顎にきびの治し方・改善方法では、管理人のサトコがこれまでの20年間で身につけたニキビ知識を元にニキビをやっつけるべく綴っていくブログです。

もし、参考になった!ということであれば気軽にSNSでの拡散をお願いします。